レディ

人から信頼を得るために|ISO14001の重要性

環境への取り組み

PC

審査に通らなければなりません

ISO14001というのは、企業経営をする上で知っておくべきことの一つです。ISO14001のことを簡単に説明しますと、組織内で環境問題に対して取り組むための体制づくりができているかどうかの証明です。いくら世間に「我が社は環境問題に取り組んでいます」と言っても、それが信用できるかどうかは別問題です。しかし、国際規格であるISO14001の審査を通っていることでそれが名実ともに真実であることを証明できるため、人から得られる信頼性というのは大きく違ってきます。よって、ISO14001は取得しておきましょう。
ISO14001を取得するためには、審査に通らなければなりません。流れとしては、ISO14001の認証取得を推進している責任者に依頼をし、企業の活動の現状調査を行います。そして、事業内容がどれだけ環境に影響を与えているかのチェックを行います。そして、それが法律に抵触していないかのチェックや、環境に負荷を与えている場合の対策方法や目標の確認も行います。そして、それがマニュアル化されており誰でも実行できるようにしてあるのも重要な要素です。そして、マニュアルのチェックや作業員全員がマニュアルに従ってやれているかの確認を行い、審査で問題なしと判断されれば取得できます。
なお、この審査は二回に分けて行われ、ISO14001の審査はほぼ1年かけて行われます。よって申請してすぐに取得するということはできません。なお、取得したいけど具体的にどうすればよいのかわからない場合はコンサルタント会社に相談をしたり、セミナーに参加して方法を確認したり、ハウツー本が出ているのでそれを読んで勉強することになります。

不正な侵入を防ぐ

コンサルタント

インターネット社会になった今、情報保護を前提にしたサービスがたくさんあり目的に応じて選べるようになっています。特に標的型サイバー攻撃に備えることは、企業にとって必要性の高いことです。

» 詳細

社員証を取り入れる

IT

会社の情報を守ったり、事件に巻き込まれたりしないようにするためには、セキュリティの高さをキープしておくことが大切です。そのことによって、社員以外の人物に情報を行き渡らせてしまうリスクを防げます。

» 詳細

ターゲットを絞る

女の人

ネットワークセキュリティを取り入れることで、情報漏えいといったリスクを回避しておくことができます。クラウド型も展開されており、多くの企業から注目されているといえます。

» 詳細