不正な侵入を防ぐ|人から信頼を得るために|ISO14001の重要性
オフィス

人から信頼を得るために|ISO14001の重要性

不正な侵入を防ぐ

コンサルタント

外部への監視サービスの委託

最近ではインターネットの技術の進歩に伴い、企業を狙ったサイバー攻撃が高度化してきている傾向にあります。その中でも、不特定多数の企業を狙った攻撃ではなく、特定の企業の情報資産を狙った標的型サイバー攻撃が増えてきている傾向にあります。標的型サイバー攻撃は特定の企業を狙った攻撃で、様々な攻撃手法によって攻撃が繰り返されます。企業のセキュリティ担当者は単一的なセキュリティ対策だけではなくマルチレイヤーでの対策が必要となってきています。セキュリティ対策については、企業内での独自の対策だけではなく、専門のセキュリティ監視サービスを利用することでセキュリティへの対応を高度化することができます。専門の監視サービスにかかる費用は平均で月額20万円から50万円ほどになることが多いです。

不正侵入検知

これまでは、標的型サイバー攻撃に対する対策はネットワーク上に機器を置いて不正な侵入を検知して防御するというものが主流となっていました。最近では、ネットワーク上でのセキュリティ対策だけでは防ぐことができない攻撃が増えてきています。標的型サイバー攻撃は特定の企業を狙って繰り返し攻撃が行われるため、あらゆる対抗策を考えなければなりません。また、常に最新の状態で攻撃に対応する必要があり、セキュリティ担当者は24時間365日の体制で対応する必要が出てきています。標的型サイバー攻撃に対抗するためには、攻撃を防ぐだけではなく攻撃を受けたときにいかに早く原因を特定して対応策を打てるかということが重要となってきます。