社員証を取り入れる|人から信頼を得るために|ISO14001の重要性
オフィス

人から信頼を得るために|ISO14001の重要性

社員証を取り入れる

IT

作るにはパソコンとプリンターを使います

企業に所属している会社員、または経営者を問わず、内部から社員証を発行して運用していこうという提案があり、賛成多数で社員証を作る事になった場合には経営者か、または総務部などが社員証を作る事になる事が多々あると思います。そして社員証とは基本的に、その社員証がどの様なレベルのモノであるかで、自作が可能か否かと変わってきます。例えれば社員証は飽くまで、ネームプレートと企業関係者である、または見学者である事を示す分類指標程度のモノとして作るのであれば、自作のレベルで問題ない範疇となります。この場合においてはエクセルやパワーポイントやフリーソフトなどを用いて、社員の顔写真なども添付したデータをプリンターに光沢紙などで印刷して、ネックホルダーやカードケースと合わせた物を配布するという手段があります。

仮にセキュリティレベルの高い物を作る時

ですが、前述の文面の内容と違い、その企業が特許技術や貴重な技術や秘匿とすべき経営データなどを保管していて、それのセキュリティを護る為のモノとして導入したい場合には個人で作るには難しい範疇となります。この場合においては警備会社と連携して、社員証にパスワードキーやバスワードバーコードなどを導入した関係者以外立ち入り禁止となるシステムを導入する事が大切であり、この場合においてはその専門性の高い業者やセキュリティ会社や警備会社などをシステムに組み込むという事が好ましいとされています。個人でこれを行なおうとすると、それぞれに必要なセキュリティ技術や遮那インフラを整える為などを得る時間がかかりますし、技術者であるならば不可能とも言えませんが1人で管理体制を敷いていくというのも難しい物となります。その社員証がどの様なタイプの物として作りたいのか、そこから踏まえていく事が肝心であり重要です。